【記事掲載】「環境シミュレーションに気軽に触れる、教育現場の試み -Rhinoceros+Grasshopperプラグインとしてのシミュレーションツール-」(BE建築設備2017年7月号)

[2017.06.20:記事掲載]

「BE建築設備 2017年7月号」の特集『つながる、つなげるシミュレーション(2)ユーザー編』に「環境シミュレーションに気軽に触れる、教育現場の試み -Rhinoceros+Grasshopperプラグインとしてのシミュレーションツール-」と題したテキストを谷口が寄稿しました。
大学での設計教育の紹介を通して、Rhinoceros+Grasshopperのプラグインとして使える環境シミュレーションツール(LadyBug、HoneyBee、DIVAforRhino)の解説、また東京大学博士課程の学生と共同開発したCFDソフトFlowDesignerのGrasshopperプラグイン「GH2FD」の紹介をしています。
是非ご覧ください。

BE建築設備2017年7月号 WebSite

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする